Recent Posts

ウォーターサーバーで使われる2種類の水を徹底比較!|天然水とRO水の違いとは?

ウォーターサーバーで使われる2種類の水を徹底比較!|天然水とRO水の違いとは?

ウォーターサーバーで使用する飲料水は、大きく『天然水』と『RO水』の2種類があるのをご存知…

ベンチャーと大手の違い (やばすぎる現実・・・)

ベンチャーと大手の違い (やばすぎる現実・・・)

  人間関係の悪化や、会社の将来に対する不安から、転職を考える人も多いのではない…

ベンチャーのIT系に転職するなら

ベンチャーのIT系に転職するなら

近年、ITに関する技術が急速に発展していることで、IT系のベンチャー企業が増えています。
ベンチャー企業から業界大手にまで成長した企業も多く、「楽天」「メルカリ」などはその代表例です。そんなIT系のベンチャー企業に転職することを考えている方は多いでしょう。

しかし、「ベンチャー企業のIT系に転職するなら、どんなスキルが求められるの?」と気になることがあるのではないでしょうか?
この記事では、ベンチャー企業のIT系で求められるスキルについて解説します。ベンチャーのIT系に転職するメリット・デメリットもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもIT系のベンチャー企業とは?

ベンチャーのIT系に転職することを考えている方は、まず「IT系のベンチャー企業」について理解を深めることが大切です。
ベンチャーに対して明確な定義は定められていないのですが、一般的には「独自のアイデアや技術をもとにして、新しいサービス・ビジネスを展開する企業」と言われています。
IT系のベンチャーとは、「ITに関するアイデアや技術を駆使して、サービス・ビジネスを展開する企業」ということになります。

近年、ITに関する技術が発展したことで、IT系のベンチャーが多くなっていて、ベンチャーから業界大手にまで成長した企業も少なくありません。今後もITに関する技術は発展する一方だと考えられるので、IT系のベンチャーは多くなるでしょう。

 

成長しているIT系のベンチャー企業

ベンチャーは設立して間もない企業が多いので、世間の知名度はあまり高くないことが多いです。

ベンチャーのIT系への転職を成功させるには、1つでも多くの企業を知っておくことが大切になります。近年、成長しているIT系のベンチャーは下記の通りです。

・アンカー株式会社(デジタルマーケティング全般)

・株式会社ベンド(WEBマーケティング等)

・株式会社ビビッドガーデン(オンライン直売所の提供)

・コクー株式会社(人財×デジタル事業)

・株式会社セブンデックス(WEBデザイン等)

※()内は主な事業内容

ここ最近で成長しているベンチャーでは、圧倒的にIT系が多いです。
IT系は新しいサービス・ビジネスを展開しやすいことから、成長しているベンチャーも多くなっていると考えられます。

成長しているIT系のベンチャー企業はこちらの記事を参考にしてみてください。
IT・Web ベストベンチャー100

 

 

ベンチャー企業のIT系で求められるスキル

ベンチャーのIT系では、さまざまなスキルが求められます。求められるスキルを転職時に提示することができれば、グンと転職成功率が高くなります。
ベンチャーのIT系で求められるスキルをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

IT系に関する豊富な知識と経験

ベンチャーの中途採用では、「人手を増やす」という考え方ではなく、「即戦力で働ける人材を確保する」と考えています。
そのため、ベンチャーのIT系に転職するときは、IT系に関する豊富な知識と経験が求められます。
知識と経験の有無は、転職時に判断することができるので、採用・不採用を決める重要な判断材料として扱われるケースが多いです。

また、IT系に関する経験がなくても採用してくれるベンチャーはありますが、知識がない方を採用しているベンチャーはほとんどありません。
ベンチャーは人材育成制度が整えられていない企業が多いので、IT系に関する知識がない方を採用するほどの余裕はないと考えられます。
ベンチャーのIT系に転職するときは、最低限のIT知識と経験が必要です。

 

常に努力できる力

上記でお伝えした通り、ベンチャーは新しいサービス・ビジネスを展開する企業を指すので、常に新しい技術や知識を必要します。
古い技術や知識だけでは、新しいサービス・ビジネスを展開できないので、ベンチャーへの転職では常に努力できる力が求められます。特に、IT系では技術の発展スピードが速いため、より努力をして成長する力が大切です。

そして、常に努力するには、「成長したい」「企業の利益を上げたい」などの向上心が必要になります。「仕事に対するモチベーションが低い」という方は、ベンチャーのIT系に転職することは向いていないです。

 

自分で考えて行動する力

ベンチャーは設立して間もないことから、研修・教育制度が整えられておらず、「仕事をしながら学ぶ」というスタンスと取っている企業が多いです。そんな環境で結果を残すには、自分で考えて行動する力が必要になります。

それは採用担当者も理解していることなので、ベンチャーのIT系に転職するには、自分で考えて行動する力が求められます。
上記でお伝えした「努力できる力」に通ずる部分があり、努力をしているからこそ、自分で考えて行動ができると考えられます。
大手企業では、「言われたことを充実にする」という力が求められるので、この違いはしっかりと理解しておくことが大切です。

 

 

ベンチャー企業のIT系に転職するメリット

ベンチャーのIT系に転職しようか悩んでいる方は、転職するメリットを把握することが大切です。ベンチャーのIT系に転職するメリットが魅力的に感じられた方は、転職することをおすすめします。
ベンチャーのIT系に転職するメリットをいくつかご紹介します。

 

社会人として成長できる

ベンチャーの特徴として、個人に任せられる仕事の裁量が大きいということが挙げられます。
裁量とは、自分の考えで判断し、仕事を処理することを指します。

ベンチャーでは、大手よりも個人に任せられる仕事の裁量が大きいので、社会人として成長できるというメリットがあります。

また、上記でお伝えした通り、ベンチャーは自分で考えて行動するケースが多いので、豊富な経験を積むことができ、成長につながります。
社会人として成長できることは、「やりがいを感じやすくなる」「次なる転職先を見つけやすくなる」などというメリットにもつながるので、ベンチャーのIT系に転職する大きなメリットです。

 

働き方が自由なことが多い

ベンチャーのIT系では、働き方にこだわらない企業が多く、リモートワークやフレックス勤務などを導入している傾向があります。
他にも、さまざまな働き方を導入している企業が多いので、ベンチャーのIT系に転職することで、働き方が自由になるというメリットが挙げられます。
働き方が自由になることで、ストレスを感じることなく、働くことができるでしょう。
そして、副業を認めている企業も多々あるので、自分のやりたいことで収入を得られる環境になっています。

自由度の高い働きからを導入している企業例はこちらの記事を参考にしてみてください。
大企業にも負けてない!働き方の革命に挑むベンチャー企業12選

 

キャリアアップしやすい

ベンチャーのIT系では、「経験よりも結果」という評価基準になっていることが多いので、キャリアアップしやすいというメリットが挙げられます。
結果を残すことができれば、経験や年齢は関係なく、昇進することができ、20代で役職に就いている方も少なくありません。

さらに、キャリアアップすることで、年収を高くすることも可能です。
30代のうちに、年収1,000万円以上を得ている方も少なくないので、ベンチャーのIT系は夢のある企業になります。

ただし、「結果が全て」ということになるので、プレッシャーを感じたくない人や、安定した給与を得たい方には、向いていないでしょう。

 

 

ベンチャー企業のIT系に転職するデメリット

ベンチャーのIT系に転職することは、デメリットもあります。メリットとデメリットを比較して判断することで、転職後に後悔することを防ぐことが可能です。
ベンチャーのIT系に転職するデメリットをいくつかご紹介します。

 

安定性が欠ける

日本では、企業の10年生存率は10%未満と言われています。

ベンチャーは設立してから10年以内のことが多いため、企業に対する安定性が欠けています。勤める従業員として、企業の安定性が欠けていることは大きなデメリットです。

いきなり倒産する可能性もありますし、会社の業績によって収入が左右されるケースも少なくありません。
結婚している方や子供がいる方にとっては、転職に一歩踏み出せない要因になるでしょう。

ただし、安定性が欠ける分、大きく成長する可能性を秘めています。例えば、フリマアプリである「メルカリ」は、ベンチャーから業界大手へと成長しています。
メルカリ以外にも業界大手へと成長している企業は数多くあるので、安定性が欠ける分、将来的な期待は大きいです。

 

残業時間が多い

ベンチャーのIT系は、仕事量と従業員数が釣り合っていないことが多く、残業時間が多いというデメリットが挙げられます。IT系企業では、仕事に対する「納期」が定められているため、自ずと残業時間が多くなってしまいます。
また、休日出勤の機会も増えて、ワークライフバランスが保ちにくいです。
特に、システムエンジニアやプログラマーとしてベンチャーに転職した場合は、残業時間・休日出勤が多くなる傾向があります。
その分、給料は高くなりますが、ワークライフバランスが保ちにくいことは、事前に理解しておくことが大切です。

 

 

ベンチャー企業のIT系に転職するうえで抑えておきたいポイント

ベンチャーのIT系は、人手不足を抱えている企業が多いので、倍率はそれほど高くありません。
しかし、自分の希望通りに転職を成功させることは、簡単なことではないです。少しでも自分の希望通りに転職を成功させるために、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

キャリアプランを明確にする

上記でお伝えした通り、ベンチャーのIT系では「即戦力で働ける人材を採用したい」と考えるので、転職に対して強い気持ちを持っている方に好印象を抱きます。
転職に対して強い気持ちを持っているのか判断するために、問われることが「キャリアプラン」です。

「なぜ、転職するのですか?」「転職してどうなりたいですか?」などのキャリアプランを問うことで、企業側は転職に対する気持ちを判断しています。
また、キャリアプランを問うことで、「自社にマッチしている人材なのか」ということも判断でき、面接ではよく聞かれる質問になります。
面接で採用担当者に好印象を与えるために、キャリアプランを明確に考えておくようにしてください。

転職時にキャリアプランはこちらの記事を参考にしてみてください。
【例文あり】キャリアプランの立て方、面接での答え方とは? これからは専門性とプランの柔軟な修正が大切!

 

企業に関する情報収集を怠らない

転職した企業がすぐに倒産してしまうことは、絶対に避けなければいけないので、企業に関する情報収集を怠らないことが大切です。転職前には下記の項目を確認してみてください。

・資金力

・従業員

・会社のビジョン

特に、資金力は重点的に確認すべきです。
資金力がある企業は倒産しないので、売上高や営業利益などだけではなく、キャッシュフローなども確認した方が良いでしょう。
「売上高は良いが、実は借金が多い」というベンチャーは少なくないので、しっかりと確認するようにしてください。
そして、企業に関する情報収集を怠らないことで、求められている人物像を把握でき、希望通りに転職できる可能性が高くなります。

 

転職エージェントを活用する

ベンチャーのIT系への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。
転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、具体的なサポートは、「面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などが挙げられます。

また、転職者の条件に合った求人を紹介してくれるため、転職でのミスマッチを未然に防ぐことが可能です。
転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザー(転職のプロ)が付くので、転職経験がない方や、働いている方でもスムーズに転職活動を進められます。
転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してサポートを受けてみてください。

IT系のベンチャ企業におすすめの転職ージェントはこちらの記事を参考にしてみてください。
【ベンチャー転職】実際にベンチャー転職に役立った転職サイトと転職エージェント

 

 

まとめ

この記事ではベンチャー企業のIT系に転職することについてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・IT系のベンチャーは年々増えている

・転職するにはITに関する知識・経験が必要になる

・努力する力、自分で考える力がベンチャーでは求められる

・ベンチャーは大手よりも社会人として成長できる

・ベンチャーは働き方に関するストレスを感じにくい

・ベンチャーは20代でも役職に就くことが可能

・大手に比べると安定性に欠ける

・IT系のベンチャーは残業と休日出勤が多い

・転職を成功させるには「転職エージェント」の活用が必須

ITに関する技術が発展していることで、IT系のベンチャーは年々多くなっています。成長している企業も多く、メルカリや楽天などはベンチャーから業界大手まで成長しました。
ベンチャーのIT系への転職では、「ITに関する知識・努力できる力・自分で考えて行動する力」の3つが求められます。

求められるスキルを採用担当者にアピールできれば、希望通りに転職できる可能性が高くなります。そして、ベンチャーのIT系に転職することは、さまざまなメリット・デメリットがあります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、ベンチャーのIT系への転職を成功させてみてください。

ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャー企業と大手企業はどちらも転職先として高い人気を誇ります。 転職するときには、ベン…

千葉県で保育士の転職を応援!

千葉県で保育士の転職を応援!

こんにちは! 保育士の転職に関して記事を書いております! 今回は求人の応募が多い千葉での転…

伝説的ヘアメーク の話。【転職を考えてる方へ成功事例】

伝説的ヘアメーク の話。【転職を考えてる方へ成功事例】

美容師から、また他業種からヘアメーク に転職をしようとする時考えることはどうしたらヘアメーク として成功できるんだろう、成功ってどういうことなんだろうということですよね。
ここでは成功した人たちの話をしていきましょう。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのデューダというのサイトを参考にしてみましょう。パーソナルキャリアが運営するデューダは大手、優良企業を中心に豊富な求人情報を掲載中です。

 

伝説のヘアメーク G。

この人は、日本のヘアメーク界草分け的存在。
美容専門学校の頃から遊び相手は今では巨匠のファッションデザイナーたち。
そんな環境の中、ファッションショーファッション雑誌有名女優からの指名や広告などなど。みんなが知っている代表作でいっぱいです。
とにかくこの人が凄いところは、いつ何時もヘアスタイルの事を考えている事。
一体何が新しいのか、面白いシルエットのスタイルは?と頭の中はヘアスタイルの事でいっぱいです。年齢に関係なく常にトレンドにアンテナを立てて、海外のファッションやセレブリティー、アニメやオタク文化にまで興味の幅か広がり続けて居ます。
何よりも本当にスタイルを考え出すことが楽しくて仕方がないというところが生まれ持ってのヘアメーク なんだなと思いますね。
スケッチブックをいつも離さずアイデアが浮かんだらすぐにデッサンです。
ヘアメーク に一番大切な情熱をいつまでも持ち続けている人ですね。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラの美プロというのサイトを参考にしてみましょう。こちらはBeauty&Biz専門の求人サイトです。

 

 

キテレツキャラクターN。

強烈な個性のキャラクターと斬新なヘアメーク で活躍するKも人気のヘアメーク です。
理論派というよりは感性で有名でメークルームはとにかく賑やか。
そのパフォーマンスで施術にかかる時間は他の人の倍かかるとは言われてますが、アーティストやモデルの気分は上がり、仕上がりにも定評があります。
突き詰めるパワーがコレクションやモードの世界で実力を発揮してKでなくては出来ない仕事でひと目でそうとわかる作品が多くあります。
やはり一つの作品にかける情熱はとても大事ですよね。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのとらばーゆというサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。

 

美容に対する知識とテクニックのC。

数ある美容雑誌で見ないことは無い圧倒的に信頼の高いCもまた人気のヘアメーク です。
流行だけでは無い、オリジナルの遊び心のあるメークテクニックで一冊のメーク雑誌の中でも目を引くページに仕上がっていることが多いですね。
芸能人の仕事を多く担当していましたが事務所を移籍した頃からビューティーメークの世界で第一人者として活躍するようになりましたね。
その柔らかいチャーミングな人柄も人気の理由の一つですね。
ポジティブで明るい雰囲気なので一緒に仕事するスタッフにも支持を集めています。
そのメークテクニックの引き出しの多さから著書も多数でイベントにも引っ張りだこ。女性を可愛くするテクニックの研究には余念がないですね。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのエン転職というサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。こちらは日本最大級の求人情報を誇る転職サイトです。

 

他業種(デザイナー)からの転職、A。

有名アーティストや女優からも指名の多いAは異色のグラフィックデザイナーからの転職。
その卓越したセンスと説得力、コミニュケーション能力の高さで有名です。
これからヘアメーク に転職しようと思ってる人には目標にもなりますよね。
ヘアメーク にとても重要なセンスは努力だけでは補えないものがありますから、技術以外にテイストレベルをあげられるということはヘアメーク をやっていく上で強みになります。
一流の芸術や美しいものに触れてセンスは常に磨いておきたいですね。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのエン転職というサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。こちらは日本最大級の求人情報を誇る転職サイトです。

 

和装のヘアスタイルの神様、I。

今や自身も有名人となった,Iも元々は和装のヘアスタイルで有名になりました。
努力家上昇志向も高く、腰が低くて女優やモデルへの気遣いは業界でも有名なほど。どんなに時間が限られていても施術の時間は誰よりも早くみるみる和装の世界ではトップに登りつめましたね。
著書も多数で、最近では化粧品のプロデュースも多く手がけています。
素晴らしい人への気遣い、いつまでも持ち続ける探究心と向上心、そして野心がなければここまでやってこれなかったでしょう。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのリジョブというのサイトを参考にしてみましょう現在、全国1895店舗が美容師の「ヘアメイク」求人を出しています!業界最大級のリジョブ美容師なら、仕事内容や細かい条件で理想の職場を探せます。スカウトメールなど、転職成功までのサポートも充実。

 

雑誌から活躍の場を広げた、O。

ナチュラルメイクはなんといっても一番需要の高い仕事です。
雑誌からはじまり女優アーティスト広告ライブとあっという間に売れっ子になりました。
毎日何人ものモデルをメークし、その速さととんなタイプの顔も的確に美しく自然に仕上げるテクニックはまさに精密機械のようと言われています。
頭の回転の良さで、ディレクター編集者の意図を素早く読み取り実現していく感性と技術の高さでクライアントはどんどん増えていきました。
言葉の表現もわかりやすく、メーク講習などでも活躍しています。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラの求人ボックスというサイトを参考にしてみましょう。こちらは自分の得意分野を生かせる求人へスピーディーに到達できるサイトです。

 

成功事例から学ぶもの。

伝説的な優秀なヘアメークはたくさんいます。
では何をもって優秀というのでしょうか。
もちろん才能もあるでしょうが、いつまでも終わりなく情熱を持って好きなものに向かっていく姿勢ですよね。ヘアメークは立ち止まったらそこで終わりです。新しいトレンドは日々移り変わりますから伝説のヘアメーク のように向上心を忘れず楽しんで日々仕事に励みましょう。

ヘアメークで転職を考えている人はコチラのジョブールというサイトを参考にしてみましょう。
経験者のリアルな情報から仕事絵お探せる求人サイトです。

ヘアメークに転職を考えてる人へ、一日を教えます。
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

 

美容師の転職はこちらがおすすめです。

 

 

 

 

 

恋愛で失敗すると転職しかない!?美容師はつらいよ

恋愛で失敗すると転職しかない!?美容師はつらいよ

仕事と恋愛は切り離して考えないと!常識的にはその通りですよね。 それでも自分を抑えきれない…

新卒で美容室に就職する前に美容師の専門用語教えます。

新卒で美容室に就職する前に美容師の専門用語教えます。

初めて就職して働き出すヘアサロン。 初日なんてドキドキしますよね。 社会人としても一年生な…

美容師の下積み。

美容師の下積み。

専門職には下積み時代があるってよく聞きますが、美容師アシスタントの間、そしてジュニアスタイリストになっても下積みの時代を通過しなくてはなりません。
では下済みとはどういった事をいうのでしょうか。
現実をよく知って気持ちよく働くためにもいろんな下済みをみて行きましょう。

美容師に就職を考えている人はコチラのリジョブというのサイトを参考にしてみましょう現在、全国1895店舗が美容師の「ヘアメイク」求人を出しています!業界最大級のリジョブ美容師なら、仕事内容や細かい条件で理想の職場を探せます。スカウトメールなど、転職成功までのサポートも充実。

下積みとは、勉強期間。

就職して、いきなり仕事が出来る人なんていませんよね。
IT企業だってレストランのシェフだって学校で知識を学んで技術の練習を積んでいても実践となると初めてのことばかりです。
美容師美容専門学校で基礎の知識は身につけていても実際にお客様の施術をするまでに、覚えなければならないことが山ほどあります。
同じようなヘアスタイルでも髪質、顔や頭の形、体とのバランスによって似合いかたは人それぞれです。
そのヘアスタイルを作るための情報と知識、技術を仕事の中で身に付けていくための勉強期間が下済みの時代ということですよね。

美容師に就職を考えている人はコチラのエンゲージというサイトを参考にしてみましょう。エン・ジャパンが展開する国内No.1の採用支援ツールでおしゃれなデザインで検索しやすいサイトです。

接客とマナー。

技術を覚える前に接客業ですから、お客様への応対の仕方や電話の取り方お辞儀の仕方などの基本的な社会人としてのマナーを覚えていきます
教育マニュアルのしっかりしているところ、厳しい先輩や教育係りがいるサロンはしっかりたたき込まれますが、見て覚えましょうというところもあるようですよ。
学生からいきなり社会人になるわけですからこれはとても大事な第一歩になりますね。

美容師に就職を考えている人はコチラのデューダというのサイトを参考にしてみましょう。パーソナルキャリアが運営するデューダは大手、優良企業を中心に豊富な求人情報を掲載中です。

美容師として初めに覚える技術はシャンプーです。
シャワーヘッドを持ちながら顔にお湯がかからないように、人によって微妙に好まれる温度にお湯を設定してと同時にいろんなことを考えながらの作業ですからお客様に施術出来るまで何人もの頭を借りて練習しなくてはなりません。
首の位置が悪けれがせっかくのリラックスできる時間もお客様にとっては苦痛でしかありませんからとても重要な作業です。
思いやりと気遣いの求められるシャンプーですが、サロンでの仕事の中で、施術で唯一気持ちがいい!と思ってもらえる仕事でもあるので練習のやりがいも出ますよね。

美容師に就職を考えている人はコチラのIndeedのサイトを参考にしてみましょう。こちらは豊富な企業口コミを参考にできるサイトです。

下済みの象徴。

下積みといえば!もちろん床掃き、タオルの洗濯、シャンプー剤やパーマ液の詰め替えなど想像通りの仕事がありますよね。
どれも直接ヘアスタイルを作っていく技術には直接関係ないようですが、清潔な空間でお客様も自分達も気持ち良く過ごしていくのにとても大切な仕事です。
技術だけを磨けば良い美容師になれるということではないですよね。
パーマロッドや輪ゴムをスタイリストに渡していくヘルプも大切な仕事です。
直近で先輩の技術を目で学べるチャンスですからね。ただ漠然と作業するのではなく、目で見て覚え、情報を整理して練習に活かしていきましょう。

美容師に就職を考えている人はコチラの求人ボックスというサイトを参考にしてみましょう。こちらは自分の得意分野を生かせる求人へスピーディーに到達できるサイトです。

新卒で美容室に就職する前に美容師の専門用語教えます
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

モデルハント。

サロンの営業時間外でも下積みの仕事はあります。
ヘアーショーや雑誌やWebの撮影で使うモデルハントです。
もちろん自分の練習のためのモデルも見つけなければなりませんよね。
道行く知らない人にいきなり声をかけるわけですし、断られることの方が圧倒的に多いですからなかなか心の折れる仕事です。
でも技術の向上には欠かせませんから気合いで乗り切りましょう。

美容師に就職を考えている人はコチラのエン転職というサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。こちらは日本最大級の求人情報を誇る転職サイトです。

プライベート。

美容師アシスタントジュニアスタイリスト給料はそんなにもらえませんよね。
おしゃれもしたいし欲しいものもたくさんある中で生活は時間に追われ厳しい状況です。
食費を切り詰めて遊ぶ費用に回したり大変ですよね。
下済み=勉強の期間ということを考えると、実践を積みながら先輩達に教えてもらっているのですから、報酬が少ないのは仕方がないことです。
でも長い美容師人生の中で一番成長できる貴重な時期でもありますから情熱を持って早くスタイリストになれるよう頑張る糧にしましょう。

美容師に就職を考えている人はコチラの美プロというのサイトを参考にしてみましょう。こちらはBeauty&Biz専門の求人サイトです。

下済み時代を有意義に過ごすためには。

せっかく美容師を目指して働くなら自分にとって最適なサロンを選びたいですよね。
カットしてもらいに下見に行って、美容師さんから直接話を聞いて、自分の目で知りたい情報を集めたり、就職情報サイトで条件を調べてみたり、積極的に自分で動いてみましょう。
いつまでたってもアシスタントから抜け出せない理由の大きな問題は、技術指導のマニュアルがしっかりしてなくて、スタイリストテストシステム化されていないことが多く、教育もされずにただアシスタント業務をこなす毎日を過ごしている美容師が多くいるということです。
そうならないためにもサロン選びをしっかりとして、有意義な下積みをしてくださいね。

美容師に就職を考えている人はコチラのジョブールというサイトを参考にしてみましょう。経験者のリアルな情報から仕事絵お探せる求人サイトです。

ヘアメークに転職を考えてる人へ、一日を教えます。
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

美容師辞めて、他に何ができるのか。

美容師辞めて、他に何ができるのか。

美容師しかやってこなかったのに、他業種に転職ってあり得るのかと次への一歩が踏み出せない人は…