Recent Posts

ベンチャーと大手の違い (やばすぎる現実・・・)

ベンチャーと大手の違い (やばすぎる現実・・・)

  人間関係の悪化や、会社の将来に対する不安から、転職を考える人も多いのではない…

ベンチャーのIT系に転職するなら

ベンチャーのIT系に転職するなら

近年、ITに関する技術が急速に発展していることで、IT系のベンチャー企業が増えています。 …

ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャー企業と大手企業はどちらも転職先として高い人気を誇ります。

転職するときには、ベンチャー企業に転職するのか、大手企業に転職するのかを決める必要があるのですが、「社会人としてのスキルを身に付けられるのは、どっちなんだろう?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、ベンチャー企業と大手企業、どちらの方が社会人としてのスキルを身に付けられるのか解説します。社会人としてのスキル以外で得られることもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ベンチャー企業と大手企業にずっといたときの結末

ベンチャーと大手では企業としての違いがあり、働き続けた結末は異なります。

どちらの結末が正しいということはないのですが、人それぞれのキャリアプランに合った最適な結末はあるでしょう。どちらかでずっと働き続けて、後悔しないようにするには、それぞれの結末を理解することが大切です。ベンチャーと大手で働き続けることで得られるものをいくつかご紹介するので、自身のキャリアプランをイメージながら参考にしてみてください。

ベンチャー企業で働き続けたことで得られること

 

ベンチャーに対して明確な定義は定められていないのですが、一般的には「独自のアイデアや技術をもとにして、新しいサービス・ビジネスを展開する企業」と言われています。

元々はベンチャーとしてサービスを提供し、業界大手になった企業は下記の通りです。

・メルカリ
・エムスリー
・楽天
・DeNA
・ビズリーチ など

これらの企業は、「メガベンチャー」とも言われています。そして、ベンチャーで働き続けることで得られることは大きく3つあります。
大手では得にくいことを中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メガベンチャーと言われる企業はこちらを参考にしてみてください。

メガベンチャーの企業一覧 |代表的な15社をピックアップ

 

自分で考えて行動する力

ベンチャーは、教育・研修制度が整っていないことが多く、「自分で学ぶ」というスタンスを取っている企業が多いです。
先輩や上司が手取り足取り教えてくれる機会も少ないので、ベンチャーで働き続けることで、「自分で考えて行動する力」を得ることができます。

上記でお伝えした通り、ベンチャーは新しいビジネス・サービスを提供し続けるため、社員としても未開の領域を切り開いていくチャレンジ精神が求められます。
チャレンジ精神が求められる職場で、自分で考えて行動しなければ、結果を残すことはできないです。
ベンチャーに、マニュアルやノウハウはないので、働き続けることで自分で考えて行動する力を得られます。

やりがいを感じられる場面が多い

何度もお伝えした通り、ベンチャーは新しいビジネス・サービスを提供しているので、働き続けていて、やりがいを感じられる場面が多いです。

基本的に企業では、1つのビジネス・サービスを提供し続けることから、「飽きた」という感情を抱きやすい傾向があるので、やりがいを感じられる場面が多いことは、ベンチャーだからこそ得られることです。

また、ベンチャーは「経験よりも結果」という評価基準を取っている企業が多いので、よりやりがいを感じやすくなります。仕事をするうえでは、やりがいはとても大切で、自分自身のモチベーションにもつながり、結果を残しやすくなるでしょう。

仕事に対するスピード感

ベンチャーは決まったマニュアルやノウハウがあるわけではないので、常に試行錯誤しながらサービスを開発しています。

「開発したサービスがダメなら、新しいサービスを開発しよう」という考え方で仕事をしているので、ベンチャーで働き続けることで、仕事に対するスピード感を得ることができます。

さらに、ベンチャーは1つの仕事に対して数人(2人~3人)で取り掛かることが多いので、自ずとスピード感を持って仕事をすることが可能です。ベンチャーのスピード感は、大手では取り入れることができないため、ベンチャーだからこそ得られることだと思います。

大手企業で働き続けたことで得られること

大手は明確な定義付けがされていないのですが、一般的には「業界の中で規模や知名度において上位に入る企業」と言われています。各業界の大手になる企業は下記の通りです。

「自動車業界」

・トヨタ自動車
・本田技研工場(HONDA )

「食品業界」

・アサヒグループホールディングス
・日本ハム

「金融業界」

・三菱UFJフィナンシャル
・三井住友フィナンシャル

大手は世間からの「知名度」ということが大切になるので、企業規模が中小企業よりも大きくても、業界での知名度が低ければ、大手にはなりません。

そんな大手で働き続けることで得られることをいくつかご紹介します。大手だからこそ得られることを中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

各業界の大手企業はこちらを参考にしてみてください。

【就活生保存版】100業界を網羅!業界別売上1位&2位企業まとめ

 

将来的な安定

大手は業界でトップクラスの実績を残して、圧倒的な知名度を得ているため、働き続けることで将来的な安定を得ることができます。

将来的な安定とは、金銭面のことはもちろん、何より職を失う不安がありません。

大手がいきなり倒産することは考えにくいですが、大量にリストラされる可能性なども低いです。また、大手に勤務していた職歴があることで、次なる仕事を見つけやすいという安心感もあるでしょう。大手には中小企業やベンチャー企業では、得ることができない将来的な安定を得ることができます。

社会的な信用

社会人にとって社会的な信用は高ければ高いほど良いと思います。

大手は他業界に勤務している方や、仕事をしていない主婦や学生でも知っている企業になるので、大手で働き続けることで、社会的な信用を得ることができます。
社会的な信用を得ることで、クレジットカードの審査が通りやすくなったり、スムーズに転職しやすくなったりします。

人によっては社会的な信用を必要としていないかもしれませんが、社会人として社会的な信用が高いに越したことはないでしょう。

幅広い人脈

何度もお伝えした通り、大手は一般的な知名度が高いので、名刺を差し出すだけでコミュニケーションが広がり、人脈を構築することができます。それは勤続年数が増えれば増えるほど、構築できるものなので、大手で働き続けることで幅広い人脈を得られます。
また、大手は他業界の大手と取引をすることが多いので、質の高い人脈を構築できます。

社会人として幅広く質の高い人脈を構築することは、メリットでしかありません。
特に、将来的に独立を考えている方や、営業職に就いている方は、幅広い人脈を得られるでプラスに働くことが多いです。

大手企業よりもベンチャー企業の方が社会人としてのスキルを身に付けられる

ベンチャーと大手にずっといることで最も異なる結末が、「社会人としてのスキル」です。

大手で働き続けるよりも、ベンチャーで働き続けた方が社会人としてのスキルを身に付けることができます。もちろん、大手でも社会人でのスキルを身に付けられますが、ベンチャーと比較すると、身に付けられるスキルに差が生まれてしまいます。

大手よりもベンチャーの方が社会人としてのスキルを身に付けられる理由は大きく2つあります。
ベンチャーの方が社会人としてのスキルを身に付けられる理由について詳しくご紹介します。

仕事の裁量が大きい

ベンチャーの特徴として、「個人に任せられる仕事の裁量が大きい」ということが挙げられます。
裁量とは、自分の考えで判断し、処理することを指します。ベンチャーでは大手よりも個人に任せられる仕事の裁量が大きいので、社会人としてのスキルを身に付けやすいです。

ベンチャーでは、上司の判断で行動するケースは少なく、「自分で考えて行動しろ」というスタンスを取っている企業が多くあります。
そして、ベンチャーは昇進するスピードが早く、若いうちから多くの経験を積むことが可能です。実際に20代で役職として働いている方も多く、大手よりも社会人としてのスキルを身に付けやすいと考えることができます。

ビジネスモデルの違い

上記でもお伝えした通り、ベンチャーは「新しいサービス・ビジネスを提供する」というビジネスモデルを展開しているので、決まったマニュアルやノウハウなどがありません。

決まったマニュアルやノウハウなどがなければ、自分で考えて仕事に取り組む必要があり、大手よりもベンチャーの方が社会人としてのスキルが身に付きやすいです。

大手では、「決められたことを忠実に行う力」は身に付きますが、社会人としてのスキルという視点で比較すると、ベンチャーの方が質の高いスキルを身に付けられます。

その分、ベンチャーでは、挫折することや失敗することが多くなると思いますが、「社会人として成長したい」という方には、ベンチャーへの転職をおすすめします。

ベンチャー企業・大手企業への転職を成功させるには?

ベンチャーと大手にずっといたときの結末をお伝えしましたが、自分のキャリアプランによって最適な転職先は異なるので、双方に共通している転職で抑えておきたいポイントをご紹介します。

ベンチャーでも大手でも自分の希望通りに転職を成功させることは難しいので、下記のポイントを参考にして転職活動を進めてみてください。

自分に対する理解を深める

ベンチャー・大手への転職を成功させるには、自分に対する理解を深めることが大切です。

「自分の強みは何なのか?」「アピールできる実績は何なのか?」など、とにかく自分に対する理解を深めるようにしてください。自分に対する理解が深まれば深まるほど、転職先の採用担当者に対して魅力的な売り込みができるようになります。

ベンチャーでも大手でも採用担当者に「採用したい」と思わせることが肝心なので、自分を魅力的に売り込むことができれば、希望通りに転職は成功します。

転職先で役立つ資格を取得する

中途採用をおこなっている企業は、「即戦力で活躍できる人材が欲しい」と考えているので、転職先で役立つ資格を取得することが大切です。

資格は身に付いている知識・スキルを明確にアピールできるものなので、取得しているだけで採用担当者からの評価を得ることができます。

また、転職に向けて資格を取得したという過程は、転職に対する気持ちの高さを表現することができ、採用担当者からの信頼を得ることにもつながります。

ただし、需要の低い資格を取得しても意味がないので、「需要の高い資格」ということを忘れないようにしてください。

働きながら資格を取得することはこちらの記事を参考にしてみてください。

社会人が働きながら資格を取るには?資格取得のメリットやおすすめ資格も紹介

 

転職エージェントでサポートを受ける

ベンチャー・大手への転職を成功させるには、転職エージェントでサポートを受けることが大切です。転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などが挙げられます。

また、転職サイトには公開されない「非公開求人」を紹介してもらうことが可能で、転職先の選択肢を広げることもできます。登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してみてください。
おすすめの転職エージェントはこちらの記事を参考にしてみてください。

転職エージェントおすすめ12社を徹底比較!ランキングも紹介

 

まとめ

この記事ではベンチャー企業と大手企業にずっといたときの結末についてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・ベンチャーは主体性を持って働ける

・ベンチャーはずっとやりがいを感じながら仕事ができる

・ベンチャーでは仕事に対するスピード感を得られる

・大手は将来的な安定と社会的な信用を得られる

・大手の方が質の高い人脈を構築できる

・社会人として成長できるのはベンチャー

・ベンチャーは個人に任せられる仕事の裁量が大きい

・転職を成功させるには「転職エージェント」を活用すべき

ベンチャーと大手は企業としての違いがさまざまあるので、ずっといたときの結末は異なります。
人それぞれ最適な選択肢は異なりますが、「社会人として成長したい」と考えている方には、ベンチャーへの転職をおすすめします。
ベンチャーは大手よりも社会人としてのスキルを身に付けやすい環境になっています。
この記事でお伝えした内容を参考にして、ベンチャー企業と大手企業、どちらに転職するのか考えてみてください。

千葉県で保育士の転職を応援!

千葉県で保育士の転職を応援!

こんにちは! 保育士の転職に関して記事を書いております! 今回は求人の応募が多い千葉での転…

伝説的ヘアメーク の話。【転職を考えてる方へ成功事例】

伝説的ヘアメーク の話。【転職を考えてる方へ成功事例】

美容師から、また他業種からヘアメーク に転職をしようとする時考えることはどうしたらヘアメー…

恋愛で失敗すると転職しかない!?美容師はつらいよ

恋愛で失敗すると転職しかない!?美容師はつらいよ

仕事と恋愛は切り離して考えないと!常識的にはその通りですよね。
それでも自分を抑えきれないほど好きになってしまったら、そんな経験のある美容師は少なくないと思います。
閉鎖的な空間で仕事する美容師。
その中で生まれた恋愛関係はとても複雑です。

美容師で転職を考えている人はコチラの美プロというのサイトを参考にしてみましょう。
こちらはBeauty&Biz専門の求人サイトです。

 

同期のアシスタント同士の恋愛事情。

同時に入店して同じ作業をし、同じことを学び、失敗し挫け叱られて励まし合う。
同じ境遇で同士としていろんなことを共有していきますから、とても身近な者として親密になることは当然の事。
恋愛に発展するのは自然ですよね。初めは楽しく、助け合い、一緒に働くことが幸せだと感じていてもアシスタントとしての優劣がつきだしたり、先輩にどちらかが気に入られて仕事量に差が出てきたり、同期といってもいつまでも同じではいられません。
励ましがプレッシャーになったり、嫉妬したり、落ち込んだりと、もう相手の顔を見るのも辛くなった時どうなるでしょう。
仲の良い同期や先輩に相談しても解決しませんよね。

美容師で転職を考えている人はコチラのジョブールというサイトを参考にしてみましょう。
経験者のリアルな情報から仕事絵お探せる求人サイトです。

 

転職なのか!?

そうなったら転職すべきなのでしょうか。
せっかく希望の店に就職して、そんな事で辞めちゃうの?と諭されても狭い世界での出来事ですからスタッフはみんな知っています。
どうにもならなくてお店の空気も悪くさせてしまうなら転職した方がいいですよね。
恋愛中は、しかもアシスタントの年齢ならまだまだ人としても未熟です。理性をコントロールしきれなくても仕方がないですよね。
少し考え方を変えてみて努力してみる!とも思えなければ思い切っても良いかもしれませんね。

美容師で転職を考えている人はコチラのエン転職というサイトを参考にしてみましょう。
こちらは女性のための求人情報です。こちらは日本最大級の求人情報を誇る転職サイトです。

 

他店の美容師との恋愛事情。

専門学校の同級生の恋人が他店にいて長く付き合っている美容師もよくいます。
ちょっとした店のシステムが違ったり、普段は一緒にいませんから仕事の話も新鮮ですし、お互いのお店の事で相談したりとまた違った付き合い方ができますよね。
でも見えてない分不安も出てきます。
信頼し合った関係でも飲み会の写真が送られてきたら、隣の人はどういう関係なのかとか気になったりしますよね。

美容師で転職を考えている人はコチラのリジョブというのサイトを参考にしてみましょう。
現在、全国1895店舗が美容師の「ヘアメイク」求人を出しています!業界最大級のリジョブ美容師なら、仕事内容や細かい条件で理想の職場を探せます。スカウトメールなど、転職成功までのサポートも充実。

 

突然の破局。

お店で仕事がうまくいかなくて落ち込む事は少なくありません。
そんな時相手と連絡が取れない、話を聞いてもらいたいのにと寂しくなった時、相手が楽しそうにあちらのスタッフと酔って良い感じになってたよとお節介な情報が入ってきたりしたら。そんな事が繰り返されて別れが来てしまったら。
この状態ならどうでしょう。
つらい気持ちはあっても、目の前にいるわけではないので転職とはいかないですよね。
でも、そんな時のために神戸には失恋休暇制度を導入しているサロンがあるようですよ。塞ぎ込んでお客様に入るくらいなら休みましょうという考えからだそうです。
面白いですよね。

美容師で転職を考えている人はコチラのIndeedのサイトを参考にしてみましょう。こちらは豊富な企業口コミを参考にできるサイトです。

 

先輩美容師との恋愛事情。

スタイリスト同士恋愛だと、お店の中の空気はそんなに変わりません。
お客様とのやりとりがちょっと気になる事はあるかもしれませんが、お互い独立して仕事をしてますから、他のスタッフには関係ありませんよね。
でも、アシスタントとスタイリストの関係だとどうでしょう。
二人が恋愛関係にあるなら、あの人は〇〇さんと付き合ってるから仕事も依怙贔屓されててズルいとか、忙しい時に〇〇さんの仕事のアシストしかやらないから店が回らない!とか、そうだとしてもそうじゃなくても何となくそんな雰囲気になったりしますよね。

美容師で転職を考えている人はコチラの求人ボックスというサイトを参考にしてみましょう。
こちらは自分の得意分野を生かせる求人へスピーディーに到達できるサイトです。

 

そんな関係の時こそ。

アシスタントは何といっても余裕がありませんよね。
恋愛も仕事も切羽詰まってる事が多いですから。
そこはスタイリストが余裕を持って周りに色眼鏡で見られないような雰囲気を作る事が重要ですね。
誰からみても贔屓していないアシスタントの使い方をするとか、他のアシスタントにも平等に話しかけるとか。
そんな度量もないならアシスタントとお付き合いする資格はないですよね。
ましてや、店長だった場合ともなると全体を収めなくてはならない存在ですから尚更です。
そんな関係が壊れてしまったら居づらくなるのは大抵はアシスタントです。
せっかく積み上げてきたアシスタントキャリアですが、転職も頭に入れて何が自分にとって大切なのかしっかり考えていきたいですね。
明るく気持ちの良い環境づくりを考えて気を付けていきたいものです。

美容師で転職を考えている人はコチラのデューダというのサイトを参考にしてみましょう。
パーソナルキャリアが運営するデューダは大手、優良企業を中心に豊富な求人情報を掲載中です。

ヘアメークに転職するならこのような準備をしましょう
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

 

お客様との恋愛事情。

これは基本的には御法度としているところも多いでしょうが、人間ですから恋に落ちてしまうこともありますよね。
恋愛関係にならないまでも、お客様からのアプローチを受けてしまう事は避けられません。
お仕事ですから指名を多く獲得しなければなりませんし、ある程度のリップサービスは必須ですから誤解を受けないような匙加減で接客しなければならないので大変な労力ですよね。
どのサロンにも、モテモテの美容師はいますが、同時に何人ものファンになったお客座が店の中にいるとお客様同士も聞き耳を立てて会話を聞いていますから、度を超えた色気のある接客は避けたいものです。
店の雰囲気もおかしくなりますから他のスタッフにもお客様にも迷惑になりますから。

美容師で転職を考えている人はコチラのホットペッパービューティーというのサイトを参考にしてみましょう。
アットホームなサロンや大手サロンなど、スタッフ数で働きたいイメージに近いサロンを探せる!

 

まさかの転職!?

軽はずみにお客様と恋愛関係になってしまったら、もうお客様でもなくなってしまいますよね。
何人とも交際している美容師は、予約も被らないように注意しないといけないし、挙げ句の果てにはそのうちの一人が理性をなくしてストーカーになるパターンもあります。
そうなるともうプライベートだけではなくてお店にも迷惑がかかってしまいますし、本人もお店にも居づらくなりますから、ここでまさかの転職ということにもなりかねません。
真剣に先のことまで考えたお付き合いをするなら構いませんが、くれぐれも気をつけて下さいね。

美容師で転職を考えている人はコチラのエンゲージというサイトを参考にしてみましょう。
エン・ジャパンが展開する国内No.1の採用支援ツールでおしゃれなデザインで検索しやすいサイトです。

 

これはつらい、恋愛関係ならぬ片思い。

一度好きになるとそう簡単にどうでもいい人とはなかなかならないもの。
もう何年も想いを寄せている片思いの人が同じ職場にいたら、その憧れの人の一言で気分が上がったり下がったり。
割り切れるようなタイプなら仕事の励みにも出来るでしょうが、恋愛体質の人ならそれが仕事に影響して職場の空気が悪くなりスタッフやお客様にまで心配をかけるような迷惑な存在になりかねません。
そうなる前に仕事と恋愛をうまく分けられないなら、転職を考えたほうがいいでしょう。

美容師転職を考えている人はコチラのキャリアガーデンというサイトを参考にしてみましょう。なりたい!が見つかる就職情報サイトです。

 

落とし穴からの脱出。

初めはみんな一流の美容師を目指しサロンに入店してきますよね。
誰も不毛な恋愛のために美容師になろうなんて初めから思っているわけありません。
それでも人間が集まっているところ、どこに恋愛が転がっているかわかりませんよね。
せっかく志した美容師を諦めないためにも、一度恋愛の落とし穴にはまって抜け出せなくなったらリセットしましょう。
そのためにも転職するなら次は絶対に失敗しないと心に決めて、他店の友達から情報を集めて、気になる店をチェックして、転職サイトでもいろんな条件を比べてみて慎重に職場選びをしていきたいですね。

美容師で転職を考えている人はコチラのとらばーゆというサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。

美容師で何かと大変そうな人の話をまとめました
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

新卒で美容室に就職する前に美容師の専門用語教えます。

新卒で美容室に就職する前に美容師の専門用語教えます。

初めて就職して働き出すヘアサロン。 初日なんてドキドキしますよね。 社会人としても一年生な…

美容師の下積み。

美容師の下積み。

専門職には下積み時代があるってよく聞きますが、美容師もアシスタントの間、そしてジュニアスタ…

美容師辞めて、他に何ができるのか。

美容師辞めて、他に何ができるのか。

美容師しかやってこなかったのに、他業種に転職ってあり得るのかと次への一歩が踏み出せない人はたくさんいるのではないでしょうか。
美容師として培ってきたスキルは何かの形で活かされるんでしょうか。
一緒に考えていきましょう。

美容師転職を考えている人はコチラのエン転職というサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。こちらは日本最大級の求人情報を誇る転職サイトです。

美容業界で今までの知識と経験を生かす

一番身近に考えられる職種としては、アイリスト、ネイリスト、エステティシャン、着付師など美容の知識をそのまま活かせる職業ですね。
美容師免許は既に持っているわけですから研修期間で技術を習得すれば即戦力にもなりますし、接客も身についていますから短時間で施述ができるようになります。

美容師転職を考えている人はコチラのIndeedのサイトを参考にしてみましょう。こちらは豊富な企業口コミを参考にできるサイトです。

ヘアメーク アップアーティスト。

美容師の中にもメークを習得している人もいるでしょうし、一番近い職業と言えるでしょう。
ヘアメーク といっても映画やドラマ、広告、ファッション、ブライダルなど様々なジャンルの仕事がありますから、まずは自分がどんなヘアメーク になりたいか見極めましょう。
美容師の延長にあるといっても現場や仕事の仕方は異なってきますから一からのスタートと思ってアシスタントから始めることが結局は近道のようです。

美容師転職を考えている人はコチラの求人ボックスというサイトを参考にしてみましょう。こちらは自分の得意分野を生かせる求人へスピーディーに到達できるサイトです。

美容メーカーやディーラーの営業やBA.

同じ技術職となると、化粧品メーカー美容部員も近い職業にな理ますね。
自社の製品を使ってのパーソナルなメーク診断ですから美容師と同じ接客になりますよね。
また美容メーカーディーラーの営業職に就けば、今までとは逆の立場で美容師に向けてのアドバイスや提案をするわけですから、美容師の時の経験と知識が役にたち同じ目線で話が出来るので説得力が違ってきますから強みになることは間違いありませんね。

美容師転職を考えている人はコチラのリジョブというのサイトを参考にしてみましょう現在、全国1895店舗が美容師の「ヘアメイク」求人を出しています!業界最大級のリジョブ美容師なら、仕事内容や細かい条件で理想の職場を探せます。スカウトメールなど、転職成功までのサポートも充実。

接客業。

美容師の武器と言ってもいいのが高いコミニュケーション能力ですよね。
その接客技術を活かしてアパレルなどの販売や営業職ホテルのスタッフ転職して活躍している人もいます。
きめの細かい気配りを要求される職業はぴったりですよね。

美容師転職を考えている人はコチラのエンゲージというサイトを参考にしてみましょう。エン・ジャパンが展開する国内No.1の採用支援ツールでおしゃれなデザインで検索しやすいサイトです。

クリエイティブな仕事。

美容師ならではのクリエイティブな発想を活かした企画職も視野に入れましょう。
新しいトレンドに敏感な人の多い美容師ですから商品企画や宣伝企画など独自の視点で活躍していけるでしょう。
ここでも美容師の高いコミュニケーション能力は強い味方になるでしょう。

美容師転職を考えている人はコチラのとらばーゆというサイトを参考にしてみましょう。こちらは女性のための求人情報です。

IT系。

機械やPCが得意で、将来高収入を目指すならIT業界も考えられますよね。
ディレクター、エンジニア、プログラマー、ライターなど多業種ありますが、経験がなくてもプログラミングスクールで3ヶ月でスキルを身に付けられて転職支援まで行ってくれるところもあります。
美容師からの転職、硬く考え過ぎずに自分の可能性を広げて行きましょう。

美容師転職を考えている人はコチラのデューダというのサイトを参考にしてみましょう。パーソナルキャリアが運営するデューダは大手、優良企業を中心に豊富な求人情報を掲載中です。

ヘアメークに転職するならこのような準備をしましょう
こちらのブログも参考にしてみてくださいね。

__________________

いろいろみましたが。

美容師の転職はこちらのサイトが一番よさそうでした。

美容師で何かと大変そうな人の話をまとめました。

美容師で何かと大変そうな人の話をまとめました。

  やりがいもあって充実してそうな美容師の仕事。 でも実際は大変な思いをしている…