ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャーと大手にずっといたときの結末

ベンチャー企業と大手企業はどちらも転職先として高い人気を誇ります。

転職するときには、ベンチャー企業に転職するのか、大手企業に転職するのかを決める必要があるのですが、「社会人としてのスキルを身に付けられるのは、どっちなんだろう?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、ベンチャー企業と大手企業、どちらの方が社会人としてのスキルを身に付けられるのか解説します。社会人としてのスキル以外で得られることもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ベンチャー企業と大手企業にずっといたときの結末

ベンチャーと大手では企業としての違いがあり、働き続けた結末は異なります。

どちらの結末が正しいということはないのですが、人それぞれのキャリアプランに合った最適な結末はあるでしょう。どちらかでずっと働き続けて、後悔しないようにするには、それぞれの結末を理解することが大切です。ベンチャーと大手で働き続けることで得られるものをいくつかご紹介するので、自身のキャリアプランをイメージながら参考にしてみてください。

ベンチャー企業で働き続けたことで得られること

 

ベンチャーに対して明確な定義は定められていないのですが、一般的には「独自のアイデアや技術をもとにして、新しいサービス・ビジネスを展開する企業」と言われています。

元々はベンチャーとしてサービスを提供し、業界大手になった企業は下記の通りです。

・メルカリ
・エムスリー
・楽天
・DeNA
・ビズリーチ など

これらの企業は、「メガベンチャー」とも言われています。そして、ベンチャーで働き続けることで得られることは大きく3つあります。
大手では得にくいことを中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メガベンチャーと言われる企業はこちらを参考にしてみてください。

メガベンチャーの企業一覧 |代表的な15社をピックアップ

 

自分で考えて行動する力

ベンチャーは、教育・研修制度が整っていないことが多く、「自分で学ぶ」というスタンスを取っている企業が多いです。
先輩や上司が手取り足取り教えてくれる機会も少ないので、ベンチャーで働き続けることで、「自分で考えて行動する力」を得ることができます。

上記でお伝えした通り、ベンチャーは新しいビジネス・サービスを提供し続けるため、社員としても未開の領域を切り開いていくチャレンジ精神が求められます。
チャレンジ精神が求められる職場で、自分で考えて行動しなければ、結果を残すことはできないです。
ベンチャーに、マニュアルやノウハウはないので、働き続けることで自分で考えて行動する力を得られます。

やりがいを感じられる場面が多い

何度もお伝えした通り、ベンチャーは新しいビジネス・サービスを提供しているので、働き続けていて、やりがいを感じられる場面が多いです。

基本的に企業では、1つのビジネス・サービスを提供し続けることから、「飽きた」という感情を抱きやすい傾向があるので、やりがいを感じられる場面が多いことは、ベンチャーだからこそ得られることです。

また、ベンチャーは「経験よりも結果」という評価基準を取っている企業が多いので、よりやりがいを感じやすくなります。仕事をするうえでは、やりがいはとても大切で、自分自身のモチベーションにもつながり、結果を残しやすくなるでしょう。

仕事に対するスピード感

ベンチャーは決まったマニュアルやノウハウがあるわけではないので、常に試行錯誤しながらサービスを開発しています。

「開発したサービスがダメなら、新しいサービスを開発しよう」という考え方で仕事をしているので、ベンチャーで働き続けることで、仕事に対するスピード感を得ることができます。

さらに、ベンチャーは1つの仕事に対して数人(2人~3人)で取り掛かることが多いので、自ずとスピード感を持って仕事をすることが可能です。ベンチャーのスピード感は、大手では取り入れることができないため、ベンチャーだからこそ得られることだと思います。

大手企業で働き続けたことで得られること

大手は明確な定義付けがされていないのですが、一般的には「業界の中で規模や知名度において上位に入る企業」と言われています。各業界の大手になる企業は下記の通りです。

「自動車業界」

・トヨタ自動車
・本田技研工場(HONDA )

「食品業界」

・アサヒグループホールディングス
・日本ハム

「金融業界」

・三菱UFJフィナンシャル
・三井住友フィナンシャル

大手は世間からの「知名度」ということが大切になるので、企業規模が中小企業よりも大きくても、業界での知名度が低ければ、大手にはなりません。

そんな大手で働き続けることで得られることをいくつかご紹介します。大手だからこそ得られることを中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

各業界の大手企業はこちらを参考にしてみてください。

【就活生保存版】100業界を網羅!業界別売上1位&2位企業まとめ

 

将来的な安定

大手は業界でトップクラスの実績を残して、圧倒的な知名度を得ているため、働き続けることで将来的な安定を得ることができます。

将来的な安定とは、金銭面のことはもちろん、何より職を失う不安がありません。

大手がいきなり倒産することは考えにくいですが、大量にリストラされる可能性なども低いです。また、大手に勤務していた職歴があることで、次なる仕事を見つけやすいという安心感もあるでしょう。大手には中小企業やベンチャー企業では、得ることができない将来的な安定を得ることができます。

社会的な信用

社会人にとって社会的な信用は高ければ高いほど良いと思います。

大手は他業界に勤務している方や、仕事をしていない主婦や学生でも知っている企業になるので、大手で働き続けることで、社会的な信用を得ることができます。
社会的な信用を得ることで、クレジットカードの審査が通りやすくなったり、スムーズに転職しやすくなったりします。

人によっては社会的な信用を必要としていないかもしれませんが、社会人として社会的な信用が高いに越したことはないでしょう。

幅広い人脈

何度もお伝えした通り、大手は一般的な知名度が高いので、名刺を差し出すだけでコミュニケーションが広がり、人脈を構築することができます。それは勤続年数が増えれば増えるほど、構築できるものなので、大手で働き続けることで幅広い人脈を得られます。
また、大手は他業界の大手と取引をすることが多いので、質の高い人脈を構築できます。

社会人として幅広く質の高い人脈を構築することは、メリットでしかありません。
特に、将来的に独立を考えている方や、営業職に就いている方は、幅広い人脈を得られるでプラスに働くことが多いです。

大手企業よりもベンチャー企業の方が社会人としてのスキルを身に付けられる

ベンチャーと大手にずっといることで最も異なる結末が、「社会人としてのスキル」です。

大手で働き続けるよりも、ベンチャーで働き続けた方が社会人としてのスキルを身に付けることができます。もちろん、大手でも社会人でのスキルを身に付けられますが、ベンチャーと比較すると、身に付けられるスキルに差が生まれてしまいます。

大手よりもベンチャーの方が社会人としてのスキルを身に付けられる理由は大きく2つあります。
ベンチャーの方が社会人としてのスキルを身に付けられる理由について詳しくご紹介します。

仕事の裁量が大きい

ベンチャーの特徴として、「個人に任せられる仕事の裁量が大きい」ということが挙げられます。
裁量とは、自分の考えで判断し、処理することを指します。ベンチャーでは大手よりも個人に任せられる仕事の裁量が大きいので、社会人としてのスキルを身に付けやすいです。

ベンチャーでは、上司の判断で行動するケースは少なく、「自分で考えて行動しろ」というスタンスを取っている企業が多くあります。
そして、ベンチャーは昇進するスピードが早く、若いうちから多くの経験を積むことが可能です。実際に20代で役職として働いている方も多く、大手よりも社会人としてのスキルを身に付けやすいと考えることができます。

ビジネスモデルの違い

上記でもお伝えした通り、ベンチャーは「新しいサービス・ビジネスを提供する」というビジネスモデルを展開しているので、決まったマニュアルやノウハウなどがありません。

決まったマニュアルやノウハウなどがなければ、自分で考えて仕事に取り組む必要があり、大手よりもベンチャーの方が社会人としてのスキルが身に付きやすいです。

大手では、「決められたことを忠実に行う力」は身に付きますが、社会人としてのスキルという視点で比較すると、ベンチャーの方が質の高いスキルを身に付けられます。

その分、ベンチャーでは、挫折することや失敗することが多くなると思いますが、「社会人として成長したい」という方には、ベンチャーへの転職をおすすめします。

ベンチャー企業・大手企業への転職を成功させるには?

ベンチャーと大手にずっといたときの結末をお伝えしましたが、自分のキャリアプランによって最適な転職先は異なるので、双方に共通している転職で抑えておきたいポイントをご紹介します。

ベンチャーでも大手でも自分の希望通りに転職を成功させることは難しいので、下記のポイントを参考にして転職活動を進めてみてください。

自分に対する理解を深める

ベンチャー・大手への転職を成功させるには、自分に対する理解を深めることが大切です。

「自分の強みは何なのか?」「アピールできる実績は何なのか?」など、とにかく自分に対する理解を深めるようにしてください。自分に対する理解が深まれば深まるほど、転職先の採用担当者に対して魅力的な売り込みができるようになります。

ベンチャーでも大手でも採用担当者に「採用したい」と思わせることが肝心なので、自分を魅力的に売り込むことができれば、希望通りに転職は成功します。

転職先で役立つ資格を取得する

中途採用をおこなっている企業は、「即戦力で活躍できる人材が欲しい」と考えているので、転職先で役立つ資格を取得することが大切です。

資格は身に付いている知識・スキルを明確にアピールできるものなので、取得しているだけで採用担当者からの評価を得ることができます。

また、転職に向けて資格を取得したという過程は、転職に対する気持ちの高さを表現することができ、採用担当者からの信頼を得ることにもつながります。

ただし、需要の低い資格を取得しても意味がないので、「需要の高い資格」ということを忘れないようにしてください。

働きながら資格を取得することはこちらの記事を参考にしてみてください。

社会人が働きながら資格を取るには?資格取得のメリットやおすすめ資格も紹介

 

転職エージェントでサポートを受ける

ベンチャー・大手への転職を成功させるには、転職エージェントでサポートを受けることが大切です。転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などが挙げられます。

また、転職サイトには公開されない「非公開求人」を紹介してもらうことが可能で、転職先の選択肢を広げることもできます。登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してみてください。
おすすめの転職エージェントはこちらの記事を参考にしてみてください。

転職エージェントおすすめ12社を徹底比較!ランキングも紹介

 

まとめ

この記事ではベンチャー企業と大手企業にずっといたときの結末についてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・ベンチャーは主体性を持って働ける

・ベンチャーはずっとやりがいを感じながら仕事ができる

・ベンチャーでは仕事に対するスピード感を得られる

・大手は将来的な安定と社会的な信用を得られる

・大手の方が質の高い人脈を構築できる

・社会人として成長できるのはベンチャー

・ベンチャーは個人に任せられる仕事の裁量が大きい

・転職を成功させるには「転職エージェント」を活用すべき

ベンチャーと大手は企業としての違いがさまざまあるので、ずっといたときの結末は異なります。
人それぞれ最適な選択肢は異なりますが、「社会人として成長したい」と考えている方には、ベンチャーへの転職をおすすめします。
ベンチャーは大手よりも社会人としてのスキルを身に付けやすい環境になっています。
この記事でお伝えした内容を参考にして、ベンチャー企業と大手企業、どちらに転職するのか考えてみてください。